パソコンボランティア湘南、会員ページ。ここからはメインメニューです。 メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関野くん、世界大会で堂々の銀メダル!

パソボラ湘南の訪問支援グループメンバーが支援しておりました、関野賢志くんが、
2011年に韓国で行われました、アビリンピック世界大会で、みごと銀賞を受賞しました。
関野くんは、自閉症という病気を抱えておられますが、それにもかかわらず、
一生懸命練習された甲斐あって、このすばらしい成績となりました。
私たちパソボラ湘南としても、このことは大変うれしく、また誇りに思っています。
関野くん、おめでとうございます。そして、ありがとうございました。
今後もまた、練習に励んでください。

【関野くんのことば】
*メダル受賞できたことの感想
 金メダル受賞が目標でしたが銀メダル受賞でもうれしかったです。
*苦労したこと
 入力の練習をしていて英語の文章が読みづらかった。
*つらかったこと
 何年も前から同じことを練習しているので慣れてしまって、特につらくなかった。


【お母さんのことば】
国内で開催される大会は準備も万端でジャッジも公正だけど
海外の大会は準備もいろいろ不備がありジャッジの考え方次第で
メダルの色が違って競技内容にも不満が残った。
でもいろいろな国の方とその国の言葉で話してお互いにとてもうれしかった。
個人として言葉一つで喜び合える経験は大きな収穫だった。
たくさんの海外の方と知り合えることができとても楽しかった。

国内の大会で金賞を受賞したときのご紹介はこちら

以下は、組織概要および著作権表示です。 本文をもういちど読む